趣味としてのゲーム

「あなたの趣味はなんですか」と尋ねられ、「スマホゲームです」と答えたところ、それは趣味ではなく暇つぶしではないかと返されたことがあるという人は意外と多いのではないでしょうか。ゲームを楽しむことがない人にとっては、家庭用のゲームもスマホゲームも「暇つぶしの材料」という認識なのかもしれません。ですが、「高尚なゲーム」だとされているチェスや囲碁、将棋といったものもゲームであることに変わりないのですから、スマホゲームや家庭用のゲームだけが「暇つぶし」と言われるのは腑に落ちないという人も多いのではないでしょうか。

そう、現代において「ゲーム」は、スマホゲームであれ家庭用のゲームであれ、「趣味」の領域に含まれるものへと昇格しているのです。ですから、「暇つぶしの材料」などという言葉を返されても、黙殺することをお勧めします。自分が好きで、それを以って楽しむことができるものであれば、それはもう「趣味」なのです。むしろ、これほどバリエーションに富んだ趣味は、ほかにあまり類を見ないのではないでしょうか。パズルゲームだけを取ってみても数百種類にも及ぶのですから、飽きることなく次から次へと楽しむことができるでしょう。

簡単に、そして手軽に楽しめるものから、時間をかけてじっくり進めるものまで、気分や心の余裕に合わせて選んだり楽しんだりできるのもスマホゲームのいいところであり、それが趣味に持つ人が多い要因なのではないでしょうか。加えて、これだけたくさんのゲームがあるにもかかわらず、さらに日々新しいゲームが生み出されているというのですから、需要は非常に多く、楽しんでいる人もまた多いということにほかならないでしょう。いまや、スマホゲームも家庭用のゲームも、れっきとした「趣味」なのです。「暇つぶし」だと断定するような人は、その楽しさをいまだ知らない人なのだと考えて、ぜひ、これからも心おきなく趣味として楽しんでください。